アフィリエイト

2012年08月15日

明るいレンズ搭載の防水デジカメ TG-1

オリンパスの タフシリーズに明るいレンズF2.0搭載の新機種が登場
story01_image01.jpg
オリンパスのタフシリーズといえば、防水、耐衝撃、耐寒とタフさを売りにしたデジカメで、防水デジカメとしては老舗となります。 最近はほかメーカーからも防水、耐衝撃のデジカメが出てきました。
その差別化としてオリンパスはTG-1を開発してきたのではないかと思います。

僕が持っているオリンパスのTOUGH-6020もF3.9からのレンズでお世辞にも画質が良いとは言えず、少し暗い場所では手振れしやすいためフラッシュが必要でした。
このタフシリーズが活躍しそうな山や森林、海ではもっと明るいレンズが欲しいと、このレンズでは思い通りの写真を撮ることが難しかった。

ただ明るいレンズを採用しようとすると、大きいレンズが必要になり、高度な防水性や耐衝撃性のために、レンズがせり出すような構造を採れないため、明るいレンズの製品はなかった。

今回発売されたタフTG-1ではレンズ周りを設計しなおし、レンズがF2.0〜と1から今までのと機種と比べてかなり明るいレンズを搭載したモデルになっており、タフさを残したまま画質も良くなった製品になっています。


オリンパス TG-1


posted by shigeki115 at 14:08| Comment(0) | コンパクトデジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
信託保全よりも安全