アフィリエイト

2012年08月28日

フォトマスター検定

フォトマスター検定って知っていますか?
写真とカメラに関する全般的な実用知識や撮影技法の検定です。

写真の事が学べる資格なのでチャレンジしようかと思っています。

3級から2級準1級、1級とあり1級の合格者のみが受けれるフォトマスターEXというのもあります


参考書




posted by shigeki115 at 16:47| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PowerShotG1X

コンパクトデジカメで今のところ最大のCMOSなんじゃないだろうか

G1Xの魅力は1.5型というコンパクトデジカメの中では最大の大きさのCMOSを搭載しているところである。
外観からはわからないのだが、CMOSは大きいほど画質が良くなる。(レンズなどにもよりますが)
今までのGシリーズも画質が良かったのだが、1/1.7型から1.5型への大きさの変更によってさらに画質が良くなった。また、背景のぼけなども期待できると思う。
cmos.png

バリアングルの背面液晶も3型92万画素とG12よりも進化しているポイントです。 
レンズは交換できないが、一眼レフに負けない画質が得られるコンパクトデジカメです。

リンク
Canonサイト
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g1xsp/index.html
ITメディア
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1202/14/news087.html
デジカメWatch
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20120308_517101.html
インタビュー:キヤノンに訊く「PowerShot G1 X」の進化
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/20120330_520098.html

posted by shigeki115 at 14:32| Comment(0) | コンパクトデジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

高倍率ズームレンズは便利♪

一眼レフのデジカメを使っていて面倒に思うときがあります。 それは標準レンズではあまり望遠がきかないので
旅行などには標準レンズと望遠レンズをもっていってその場で交換しないといけない。

場所によってはレンズ交換するのが面倒だったりします。 最近は20倍ズームのコンパクトデジカメも出ているのでいっそのこと一眼レフ+遠くを撮るときはコンパクトデジカメでって使い分けた方が便利な時もあります。
とは言ってもやっぱり一眼レフで撮影したい。
旅行であまり荷物を増やせないときやレンズを交換するのが面倒な時は高倍率ズームレンズを1本持っていると便利です。
メーカー純正もよいですが、SHIGUMAやTAMRONなどのメーカーでしたら少し安くてお買い得です。 
だいたい18-200,18-250、18-270oと 10〜13倍の高倍率ズームが発売されています。
一眼レフに標準でついているレンズが18-55oなどが多いので広角がわは同じくらいの広さで撮影でき望遠側が圧倒的です。

僕はソニーのα700をもっているので18-200oのTAMRON製を購入しました。 もともとα700は本体側に手ブレ補正機能がついているのでレンズに手ブレ補正は必要ないので割と小さいレンズでした。

キャノンやニコンは手振れ補正が本体側についていないので手振れ補正のついたレンズを選ぶ方が良いです。

シグマとタムロンではズームリングの回転方向が違うので
純正レンズを使っている方は同じ方向の方が使いやすいでしょう。
シグマとキャノン純正レンズは同じ方向
タムロンとニコン、ソニー純正は同じ方向です。


キャノン用
シグマ 18-250oレンズ 重さ470g


TAMRON 18-270o 重さ450g 撮影倍率1 : 3.8(f=270mm時:最短撮影距離0.49m)


ニコン用
シグマ 18-250o


タムロン 18-270o(クリックしてNIKON用を選択してください)


SONY用
シグマ 18-250o
発売日未定

タムロン 18-270o(クリックしてNIKON用を選択してください)
posted by shigeki115 at 10:26| Comment(0) | レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
信託保全よりも安全